H29,4,21 卒業

この日の剣術部門では、
基礎の強化を行う傍、
県外への引っ越しの為
真延流を卒団する
メンバーのために、
記念の殺陣動画撮影が
行われていました。
撮れた動画を見返して、
「風邪さえ引いてなければ!」
と言っていた彼女。
また福岡に戻ってきた時に、
リベンジしましょう!

H29,4,18 精度第一

よく使う技も、精度を高めれば

それだけ相手に掛かりやすくなる。

ということで、

この日の柔術部門では、

技の精度を意識しながらの練習が

行われました。

いつも使っている技でも、

意識の差で手応えが違うようです。

H29,4,14 おかえり「いつもの」

パフォーマンスが一段落した剣術部門には、

いつもの練習風景が戻ってきました。

この日の最後には、見学の方も交えて

殺陣の乱取りを行い、練習場所に

はしゃぎ声が溢れていました。

H29,4,11 寝技・立ち技・ミット打ち

寝技の練習が続いていた柔術部門ですが、

この日は久しぶりに立ち技とミット打ちの

練習も行いました。

いつもよりハードな練習に、終わる頃には

全員汗だくとなりました。

H29,4,9 Spring Dance Party

昨日は、JCダンススクール主催の

Spring Dance Partyに、ゲストとして

出演してまいりました。


華やかなドレスに360

囲まれてのパフォーマンスは

とても新鮮で、せっかくならばと

風神をいつもと違う配置にしてみたり、

工夫をしながらの本番となりました。


この日のために立ち回りを考えた

雷神もなんとか演じ終え、

お客様からの温かい拍手と

「かっこよかった」「素敵でした」

というありがたいお声をいただき、

また一つ経験値を積むことが出来ました。

H29,4,4 帰郷

この日の柔術部門には、以前真延流で活動し、

現在はグッドマンジム京都本部に所属している

古海氏が、帰郷を兼ねて練習に参加して下さいました。

基礎練習に加え、新技講習、スパーリングと、

内容自体は通常時の練習ではあったものの、

他団体に所属している方と一緒に練習できるとあり、

全員普段以上に全力投球、盛り上がる練習となりました。

 

■今回練習に参加いただいた、

古海所属「グッドマンジム」の

公式サイトはこちらから

ご覧いただけます。

H29,3,31 ラスト1週間

パフォーマンス本番まで、
ラスト1週間となった剣術部門では、
基本練習後、衣装合わせを兼ねて
リハーサルが行われました。
この日は見学の方も多くいらっしゃり、
賑やかな練習となりました。
本番前のリハーサルをご覧いただけたのは
大変有難いことで、感想も伺えて
改善点も見つかってと、
収穫も多かったです。

残された日数で、どれだけ詰めて
いいものが作れるか、
来週は勝負の1週間となりそうです。

H29,3,28 ケアも練習のうち

最近負傷者がちらほら見られる真延流メンバー。

この日の柔術部門では、寝技の練習を行いつつ、

急遽アイシング講座も開設されました。

防ぎようのない怪我は、どうしてもつきもの。

予防もケアも、知識として持っておくことが重要ですね。

H29,3,17 巻いて巻いて!

4/9のパフォーマンスに参加する
剣術部門メンバーの練習は、
佳境に入り、色んな箇所を
修正して覚え直して、
という作業が続いています。

覚える時間も練習の時間も
十分とは言えない中では
ありますが、出来る限りのことは
やり尽くして、当日を迎えたいと思います。

H29,3,14 新部門誕生?

この日の柔術部門は、寝技・投げ技など

基本練習を行い、最後に、格闘技での殺陣

という、新たな挑戦も行いました。

剣術部門では、パフォーマンスの関係もあり

縦の立ち回りは慣れてきたものですが、

格闘技での立ち回りは、なかなか一筋縄ではいかず。

今回の挑戦を機に、もしかしたら

「真延流アクション部門」が立ち上がる…

かもしれません。

H29,3,10 残り1ヶ月

パフォーマンス本番まで残り1ヶ月を切った

剣術部門では、基礎練習,刀の振り方の

確認・調整の後、今回新たに編成した

演目の立ち回り確認を行いました。

来週以降は、パフォーマンス参加メンバーは

演目の練習回数を重ねながら細かい調整を、

参加しないメンバーは、引き続き

自身の動作の確認や調整の作業を行います。

H29,3,3 だいじに、だいじに

この日の剣術部門では、参加人数の少なさを

利用して、動きの正確さを重視した練習が

行われました。

攻撃をする側、受ける側、どちらも

ひとつひとつ丁寧に確認していく作業は、

技術を体得中のメンバーにとっても、

ある程度の級を所持しているメンバーにとっても、

有意義なものであったと思います。

H29,2,28 新技と確認と

本日の柔術部門は、新技の研究及び

投げ技の再確認作業が行われました。

柔術部門参加メンバーの技術は

日を追うごとに向上しており、

もう少しレベルアップをすれば、

他団体との試合も夢ではなさそうです。

今後も引き続き、基礎を固めつつ

新しいものも吸収していくという練習が

続きます。

H29,2,24 「通常」と「期間限定」

パフォーマンスの練習が続く

剣術部門では、通常内容の練習

とのバランスが、目下の課題と

なっています。

 

本日は、練習時間の最初と最後に

自由練習の時間を設け、

合間の時間を技練習、基礎練習の

時間としました。

パフォーマンスに参加するメンバーも

そうでないメンバーも、等しく

技術の向上が出来るように、今後も

工夫を重ねていく必要がありそうです。

H29,2,21 打撃練習

しばらく寝技・投げ技の練習が

続いていた柔術部門でしたが、

本日は久しぶりに

打撃の練習が組み込まれました。

 

ここ最近の練習の中では

ハードな練習になったため、

こまめに休憩を入れつつ、

最後はストレッチの時間も

設けられました。

H29,2,17 全員が主役

4/9に今年初のパフォーマンス依頼が入り、

剣術部門では本日から、

本格的にパフォーマンス用の練習が

始まりました。

 

今回の依頼を機に、現在の主力メンバーに

全員を追いつかせる「実力強化月間」を設け、

パフォーマンスに出るメンバーは

パフォーマンス練習を兼ねつつ、

出ないメンバーは、主力メンバーから指導を受け

各々定められた目標達成を目指します。

H29,2,14 掴む

柔術部門に道着着用が

導入されてから1ヶ月弱。

布に翻弄されていたメンバーも、

徐々に道着有りの練習にも

慣れてきました。

 

以前は不明確だった技も、

道着があることでしっかり

明確になり、以前は行わなかった

投げ技の練習もコツを掴んできた様子です。

H29,2,12 戦国肥後国衆まつり

2/12、熊本県玉名郡和水町で開催された、

「戦国肥後国衆まつり」の「武者行列と一揆の再現」に、

剣術部門のメンバーで参加して参りました。

 

本番前日は大雪に見舞われ、参加は危ういかと

心配していましたが、当日は晴天に恵まれ、

最高の合戦日和となりました。

H29,1,27 春を見据えて

本日の剣術部門は、通常の練習に加え

久しぶりにパフォーマンスの

練習を行いました。

昨年も、春から続々と

パフォーマンスの依頼が入った

という背景もあり、

次回からは復習がてら、

パフォーマンスの練習が

組み込まれる予定です。

H29,1,24 着有り・着無し

本日は、前回参加できなかった

メンバーにも、道着の洗礼を

受けてもらう、というような

練習となりました。

 

道着着用がゆえの

技のかけにくさに

「難しい」という

意見も出ましだが、

最後には少しだけ

コツを掴んだような

雰囲気がみられました。

来週からも引き続き、

道着着用での練習を行い、

あわせて技の正確さについても

練習の時間を設ける予定です。

H29,1,22 公開稽古

この日は、剣術部門の

公開稽古を行いました。

雨が雪に変わるような

寒さの中ではありましたが、

案外動けば温まるもので、

最後は「冷える前に上着を!」

と言いつつの撤収となりました。

撮影:富川陽涼

H29,1,17 「布がある」ということ

柔術部門、この日の練習は、

初めて道着を着用しての練習となりました。

道着着用ならではの

襟や袖を利用する技を

練習しましたが、

慣れない「布」に

苦戦する姿も。

何事も慣れればなんとかなる!

ということで、

今後はいままでの

練習内容に加え、

道着を利用する技についても

積極的に練習していく予定です。

H29,1,13 進級

剣術部門、新年2回目の練習日だったこの日は、

通常の練習に加え、技研究の時間が

追加されました。

 

年明けの特別練習内で、一部参加が講習を受けた

【次はどの技を出すか】ということを考える、

という内容を、3級以上の面々でやってみたところ

「楽しかった」と高評価。

今後の練習にも組み込んで行く予定です。

 

また、昨年末に行われた進級審査について、

改めて結果発表、及び、認定書授与も

行われました。

真延流では全員、3級を取得することが

目標とされています。

3級を取得して初めて、

本格的な練習を行うことが出来る

というのがその理由です。

 

真延流の剣術は「実戦剣術」であり、

実際の戦に通用するものを学ぶことこそが

練習の真髄でもありますが、

そこにいくためにはまず基礎を固め、

己の身をある程度己で守る事が出来る、

ということが重要になってきます。

 

4級以下の面々は基礎の体得を、

3級以上の面々は技術の向上を

それぞれ課題としていくことで、

より充実した活動が行えることでしょう。

H29,1,10 柔術部門稽古始め

本日は、柔術部門の稽古始めでした。
道場の神棚に設置してあった
鏡餅に季節を感じつつ、
新技の練習やスパーリングなど、
久しぶりの運動に汗を流しました。

H29,1,6 剣術部門稽古始め

本日は、剣術部門の稽古始めでした。

 

今年から練習内容がリニューアルし、

パフォーマンス練習がない時期は、

基礎の復習と技術の体得に

しっかり時間を使えるように

なっていく予定です。

H29,1,5 多田敬一氏による特別講習

本日は、JABL多田敬一氏を講師に迎え、

西洋剣術の技術講習及び、袋刀での

スパーリングを行いました。

 

真延流のメンバーに加え、

多田氏の技を学びたいと

他団体からも参加者が集まり、

盛り上がる中での練習となりました。

複数の団体が集まると、

知識の交換、技の再確認や

新たな発見などが有り、

有意義な時間が過ごせると

改めて実感しました。

今後もこういった機会は

可能な限り増やしたいところです。

 

■今回ご指導いただいた、

多田敬一氏所属「JABL」の

公式サイトはこちらから

ご覧いただけます。

 

また、練習に参加いただいた

福山氏,太田氏所属

「日本拳法道連盟 豊前福光派古術連盟 風門館」

の公式サイトはこちらから

ご覧いただけます。

H29,1,1 迎春

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、沢山のご縁と学びに
恵まれた年となりました。
お世話になりました皆様、
本当に有難うございました。
真延流 練習初めは1月5日。
JABL チーム「ドラコーネズ」所属
多田敬一氏による講習及び実戦
という、特別感のある練習内容を
予定しております。
平成29年も、実りある1年でありますように。
今年も宜しくお願い致します。

 

■2016年以前の日誌はこちらから