真延流武芸帳

ここでは、私 江下が出稽古に行った記録や

日々の練習を綴っていきます。

◎2014.11.15 出張講習会 (風門館)

始めて出張講習会という形で

風門館に出稽古に行きました。


最初の一時間は寝技の講習(主に足関節)をして、

後半からは寝技と立ち技のスパーリング。


風門館の皆さんは主に日本拳法道の試合に

出ていて、寝技が10秒の制限がある

総合格闘技ルールに合わせた技術の講習を

して欲しいとの事で、立ち技からの足関節や

下からの足関節等の講習をメインとして

行いました。


後半は寝技のスパーリングを数ラウンド、

総合のスパーリングを数ラウンドした所で

時間が来てしまい終了。

私にとってもためになる練習でした。


真延流では出張の講習会も受け付けております。

講習料は距離や人数によって変わりますので、

出張講習を希望される方は問い合わせから

ご連絡下さい。

風門館H氏とのスパーリングの様子。

この日の講習で教えた膝十字を、

実際にかけてみました。


H氏は柔道二段で、投げ技も寝技も

かなり強いのですが、柔道家によく掛かる

サンボ系の技などには未だ見識が浅く、

どうしても引っかかってしまいます。


もう少し経験を積めば、かなり期待の出来る

逸材です。

風門館F氏とのスパーリングの様子。


F氏の場合、若干頭を下げてしまう

癖があったので、頭を下げると

膝の餌食になる事を理解して貰う為、

膝の攻撃を多めに戦いました。


もう一つは、10秒しか無い中で

どうやってポイントやタップ(キブアップ)を

取るかの参考になればと思い、

今回は結構容赦なく決めに行っています。


F氏も最近、ドンドン前に出て

攻撃が出来る様になってきているので、

このまま良い練習を重ねていくことで

更に良い選手になると思われます。

◎毘沙門堂大祭  奉納試合

11月3日に行われた、

毘沙門堂大祭での奉納試合です。


八幡西区で活動されている

琉球空手 柳原會さんが、毎年行っている

奉納演武の中で、棒術 対 剣術の奉納試合を

する事になり、柳原會館長 柳原氏の

お相手を勤める事になりました。


木刀にしろ、棍にしろ、下手に喰らえば

大怪我では済まない武器ですので、

全く気の抜けない試合となりました。


武術の練度を上げていくと、こんな事も

出来るのか、と言う事がわかる

動画となりました。

◎岩石城まつり出陣

平成26年10月26日(日)

田川市添田町で行われた岩石城まつりの中で、

鎧武者達の合戦劇があり、

それに参加してきました。

 

私達は主に劇中の殺陣部分を

担当したのですが、リハーサル中や

空いた時間等に、本物の鎧を身に纏った状態で

剣術の練習等をさせて頂き、

貴重な経験をさせて頂きました。

 

今後もこういった鎧武者同士の合戦等があれば、

積極的に参加して行こうと思っています。

◎風門館へ出稽古に行く

4月某日 

 

田川市総合体育館にて 、

風門館の練習に出稽古に行かせて頂きました。 

 

半年以上格闘技の練習をしておらず、

久々に練習する時間がとれたので、

田川にある風門館さんの練習に

出稽古に行かせて頂きました。

 

館長の福光氏の要望で足関節のレクチャーを

数種類か行い、門下生のH氏とO氏を相手に

2ラウンドづつマス・スパーリングをしました。

H氏は柔道の有段者でもあり、

やはり良い動きです。  

 

ただ、柔道家特有の打撃への恐怖感が

未だに抜けきっておらず、自分が攻撃をする時に

ガムシャラに突っ込んで来てしまい、

隙が大きい為、中盤で膝蹴りを喰らい

スタンドダウン状態に。  


もう少しスパーリングに慣れると

豹変して強くなるでしょう。

こちらは風門の古株でもあるF氏。 

出会った当初よりも格段に動きが

良くなりました。  

 

暫く会わない間に良い練習を重ねたのでしょう。  

 

ですが、やはりこちらも恐怖感が

抜けきっていないので、動きがまだ

ギクシャクしている感が否めません。 

 

もう少しスパーリングに慣れると

更に良くなるかと。